« ある、三輪車 | トップページ | 蘇るS600 »

2008年6月11日 (水)

過去ログをもう一度

スキャン0002

過去ログをもう一度掲載します

今回は問い合わせが多かった

ジャウル・タラスキーです

ホームページのトップページにも載っているこの

赤いクルマ

Giaur Taraschi 750 sport  1951年

ジャウル タラスキー750 スポルト

イタリアの小さい虫 といわれている

バルケッタの仲間です

スキャン0001 スキャン0003

ジャウル社は1950年に2人の優れた技術者

ヘラルド タラスキーとアッテリオ ジャンニーニ 

それぞれの会社が合併して誕生しました

ヘラルドタラスキーはもともと

優秀なレーシングドライバーでした

1947年にBMWのエンジンを改造してフィアットのシャシーに

装備してウラニアという レーシングカーをつくりました

ウラニアとはタラスキーの出身地であるテラモの天文台が発見した

星の名前です 

アッテリオジャンニー二はローマでフィアットのエンジンを

チェーンしていたスペシャリストでした

三輪車ジアル 005

このジャウル社が1951年につくったのが

Taraschi750sportです

Taraschi750sportはもともと魚雷型のボデイにタイヤがむき出し

のレーシングカーでしたが後に安全面などを考慮してフェンダーを

付けてこの形になりました

三輪車ジアル 010

付いているフェンダーをとればすぐもとの魚雷型にもどります

三輪車ジアル 012

750CCで420kgのボデイを走らせるのに十分すぎるエンジン

です

タラスキーは同社で当時イタリア国内レースでは

シリーズチャンピオンまで上りつめた

そうです

三輪車ジアル 001

車体後ろに付いているナンバーの下のプレート

三輪車ジアル 013

イタリアでは歴史的に価値ある車に与えられる

栄光のプレートです

このプレートが付いている車は税金が免除されると

ききました 

日本にも歴史的に価値のある車がたくさんあると思います

しかしその車たちは大切にされるどころか 税金が上げられたり

リサイクル料金を払わされたりしています

国によってはこんなにも価値観が違うのですね

こんな価値ある車達 大切に乗り継いでいきたいです

END


« ある、三輪車 | トップページ | 蘇るS600 »

スポーツ」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

クラシックカー」カテゴリの記事