スポーツ

2016年10月14日 (金)

ストリケの準備 1

 

こんにちは ずいぶんお久しぶりになってしまいました

11月のアウトストリケ群馬大会に向けそろそろメンテナンスしないと・・・
 
この前の   

グランが終わって家まであとちょっとのところでブレーキが抜けてしまったので修理しないと・・・・

 

で 始めたら何やら下の方からポタポタクーラントが

 

漏れてます!

 

 

こんなとこから

   

 

0921

      

中央の穴の部分

   

   

0923

   

このアルミ板がついてて見事に腐食 これじゃ漏れるはず

   

どうするか・・・ 作っちゃいましょう

   

0922

   

アルミ板買ってきて切って作りました あとパッキンも作るよ~

   

0926

 

こうなります      

では また。

2014年11月 8日 (土)

SSブレーキ修理

 

 

早いもので今年も もう11月になってしまいました

 

いよいよ来週はアウトストリケ群馬大会です

 

準備も進んでいます

 

 

ということで今年もアルファロメオSSで参加する予定です

   

このSSオーストラリア在住のTさんのお車ですが

修理しましたのでこの場をお借りしてご報告いたします

 

 

先日お伝えしたようにブレーキのマスターがオイル漏れになってしまったので修理をしました

   

 

4314

      

まずマスターシリンダーを外すのにブレーキとクラッチペダルをとっちゃいます

   

   

4306

 

 

4308

   

これとっちゃったペダルです ボルト6本で止まっています

SZもそうでしたが ブレーキはメンテしやすいですね

 

4309

 

 

マスターシリンダーオーバーホールしました きれいでしょ

    

 

あとは取り付けてエア抜きしてOKです

 

ただいま車を磨いております

 

ピカピカのSSで出ちゃいますよ~

 

みなさん見に来てくださいね 詳細はまた後日!!

2012年11月24日 (土)

アウトストリケ群馬大会

11月 10.11日 妙義山麓を拠点に

第13回COPPA・DELLE・AUTO・STORCHE

群馬大会が開催されました

  2676

今回はアルファロメオ・スプリント・

スペチアーレで出場しました

10日は天気にも恵まれ絶好のイベント日より これも日ごろの行い?

2677

2678

2679紅葉の上州路を滑走して行きます

2680
2682
上野村 道の駅
2687

2694
庚申山総合公園
2693
2696
榛名湖畔この時間になってくるとさむ~い

2710
2711
27262日目はモットーの後ろを追います

2730

調子よく走ってますねー

2734

碓氷峠鉄道文化むら 横川駅

2736

はいチーズ!ほんとアットホームなイベントなんです

2741

スペチアーレの2ショット こんなのもう見られないかも

貴重な1枚です

2日目はどんよりとした曇り空でしたが

イベント終了までは雨が落ちてきませんでした

なんとか無事終了

帰りはどしゃぶりの雨でしたが

お土産もたくさんもらって帰路に着きました

写真館にて他の写真たくさんアップしてあります

ご覧ください

2723

おまけのショット ガラパーティでの

堺さんのスピーチの模様

ふふ・・・・

2009年10月11日 (日)

行ってきました!F1鈴鹿サーキット

待ちに待った10月4日!F1鈴鹿 決勝の日

レースの前にドライバーの紹介を兼ねたパレード

があり クラシックカーになんと なんと!

F1ドライバーを乗せサーキットを1周する

というお話をいただきまして もちろん!参加です

ということ でS口さんK暮さんと行ってきました鈴鹿

DSCF1053

当日朝7時に集合 ついた時には総勢24台の

クラシックカーがずらりと並んでいました

IMGA0417

トヨタ博物館からS800と2000GTも参加

F1鈴鹿 005

各国からメディアがいっぱい 滅多に見られない光景

IMGA0445

すごい人 お祭りですね いろいろイベントやってます

F1鈴鹿 009  

実物のF1カーやタイヤなどの展示   

F1鈴鹿 010

IMGA0425IMGA0424

IMGA0423

これ 各チームの荷物です

F1鈴鹿 011

DSCF1064

ドライバーズミーティングも終わってくつろいでます

乗車するドライバーも決まり 名前の入ったシールが

車体に張られます

DSCF1066

S口さんは レッドブルのマーク・ウエーバー

出走135回を超えるベテラン域のドライバー

DSCF1067

K暮さんは なんと鈴鹿チャンピオンのレッドブル

セバスチャン・ベッテル

DSCF1068

我らがボスはルノーのルーキー ロメイン・グロ―ジャン

まだデビューしたばかりの23才

F1鈴鹿 020 実物大の写真と

DSCF1069

レッドブルのピットからもこの珍しい旧車を見に

やってきた 「3輪車で大丈夫なんだろうな~」なーんて

言ってたりして 写メ撮ってました

F1鈴鹿 017

出走を待つ

IMGA0432IMGA0441

IMGA0442

ドライバーを

乗せる前にコースを1周します 走ってみて

思ったことは 思ったより幅狭く高低差がけっこうある

とのこと ここをあのスピードでよく走れるなー

と言っていました

F1鈴鹿 018

このレッドカーペットをドライバーが歩いてきます

F1鈴鹿 019 

R・グロ―ジャンを乗せていよいよスタート

IMGA0449

IMGA0450

suzuka03

颯爽と走ります

グロ―ジャンは昨年起きたある事件がきっかけで

ルノーを解雇されたネルソン・ビケJrにかわって

今年途中から参戦した後任ドライバー 成績は

いまいちで得点はありませんがまだ23才

これからの活躍が期待されます

IMGA0451

F1鈴鹿 024

今年もあと2回を残すのみとなったグランプリレース

ブラウンGPのジェイソン・バトンが逃げきるか

ルーベンス・バリチェロが巻き返すか・・

ブラジルGPが楽しみですね


2008年11月27日 (木)

イベント参戦日記・コッパデ東京編

コッパデ コッパデ東京に行ってきました

今回は久々のイベント参戦です。つい2週間前

主催のO田さんがこちらで行ったクラシックカー

の集いに来られ、誘いもあり都合もついたので

参加してみることにしました。

天気予報では雨、それも冷たい雨ということだった

ので合羽を用意したり防寒対策したり準備は万全

今回はジャウルとKさんのタトラも運びました。

集合場所は上野そこから浅草を回り谷中を通る

下町周回コースです

コッパデ 013 コッパデ 007コッパデ 023 コッパデ 008 コッパデ 004 コッパデ 003

参加車両はバルケッタやスポーツタイプ

戦前車など64台。途中道に迷いそうに

なりながらもとりあえず完走しました。

天気も最後まで雨に降られずにラッキー

楽しい1日を過ごしました。

 


 

2008年11月 9日 (日)

イベント参戦(参加)日記パート2

パート1からの続きです

桐生クラシックカーフェスティバルへ

行ってきました

展示車両 のごくごく1部です

クラシックカーフェスティバル 014 クラシックカーフェスティバル 010

クラシックカーフェスティバル 018

ホンダのNです。ココからお嫁に出したものです

クラシックカーフェスティバル 019

すごい! みたいになってます

こんなにきれいに仕上がってました

このへんで、お店に戻ります

クラシックカーフェスティバル 025

ワッペンの売れ行きがわるく残り少なくなった

プラモといっしょにテーブルの上へ

ワゴンセールみたいになってます。

時間も残りわずかになってきたので

がんばってうりまっしょ!

クラシックカーフェスティバル 021

ミニカーももう少しです

すると、本部のほうからTさんを呼ぶアナウンス

が・・・なにやら表彰されるらしいです

クラシックカーフェスティバル 026

Tさん実は海外から来ているのです

もしかしたら遠くから来たで賞だったりして

拍手喝采で見送られうれしそうなTさん

おめでとうございます

クラシックカーフェスティバル 027

いよいよ閉店時間です。クラシックカーたちとも

お別れです。おつかれさまーでした。

1日ごくろうさまでした。売上もまあまあよかった

です。ご来店いただきました皆様ありがとう

ございました。Sさんも手伝っていただき

ありがとうございました。やきそばおいし

かったです。


と、いうことでわたしたち 一行は会場を

後にしました。帰りの沿道にはたくさんの方たち

が旗と手を振って見送ってくれました。ありがとう

ございました。

そうそうTさんが表彰され副賞にマロンパイ

をもらったのですが、打ち上げの後切り分け

たら、なんと!パイの中にちっちゃな陶器で

できたシトロエン2CVが入っていました

猫と遊ぶ 024

ケーキに付いていた添え書きには これを当てた

ひとは1日王様 でいられるということです。


次のイベント予定は29日のアウトストリケです

   

2008年6月29日 (日)

蘇るS600

オーストラリアから帰国して早2年

2台目S600にも、いよいよ息を吹き返す

時がやってきました

三輪車ジアル 006

1代目は昨年お嫁にだしまして

今は大切にされています

調子も良好のようです ヨカッタ!

三輪車ジアル 008

まずはエンジンをかけられるようにする

ところからはじめます

2年近くそのままだったのでバッテリーを

充電します

配線なども加工して準備OK

三輪車ジアル 007

蘇る 007

マフラーは はずしてあったので

綺麗に補修して取り付けようとしたのですが

なかなか付かない

結局 分解して付けました

蘇る 005 スキャン

オリジナルマフラーは2本だしで貴重ですが

重いので軽量化のためシングルを付けます

集合管でバイクのようないい音がします

蘇る 006

錆びていたセルモーターも

塗り直しました

スキャン0006スキャン0005

内装もシンプルで綺麗になっています 

蘇る 001

右から スピードメーター

タコメーター 、水温計、燃料計

間に見える丸いものは

ターンシグナルやハイビームの

ランプです

蘇る 003

シートベルトも付いています

蘇る 004

バンパーも外してピカピカ

磨いてあります

蘇る 010

右のレンズも補修して取り付けます

この年式だとバックランプがなくても

車検はOKです

蘇る 008

やはり塗装の割れはちょっとあります

時代も感じられるところなんですが

気になるようでしたら塗装をおすすめ

します

 


 

さあ!始動!

ブロロローーーーー

と 軽快な音が響きました

2年ぶりに息を吹き返したS600

これから少しずつ仕上げていきます

 


 

 

2008年6月11日 (水)

過去ログをもう一度

スキャン0002

過去ログをもう一度掲載します

今回は問い合わせが多かった

ジャウル・タラスキーです

ホームページのトップページにも載っているこの

赤いクルマ

Giaur Taraschi 750 sport  1951年

ジャウル タラスキー750 スポルト

イタリアの小さい虫 といわれている

バルケッタの仲間です

スキャン0001 スキャン0003

ジャウル社は1950年に2人の優れた技術者

ヘラルド タラスキーとアッテリオ ジャンニーニ 

それぞれの会社が合併して誕生しました

ヘラルドタラスキーはもともと

優秀なレーシングドライバーでした

1947年にBMWのエンジンを改造してフィアットのシャシーに

装備してウラニアという レーシングカーをつくりました

ウラニアとはタラスキーの出身地であるテラモの天文台が発見した

星の名前です 

アッテリオジャンニー二はローマでフィアットのエンジンを

チェーンしていたスペシャリストでした

三輪車ジアル 005

このジャウル社が1951年につくったのが

Taraschi750sportです

Taraschi750sportはもともと魚雷型のボデイにタイヤがむき出し

のレーシングカーでしたが後に安全面などを考慮してフェンダーを

付けてこの形になりました

三輪車ジアル 010

付いているフェンダーをとればすぐもとの魚雷型にもどります

三輪車ジアル 012

750CCで420kgのボデイを走らせるのに十分すぎるエンジン

です

タラスキーは同社で当時イタリア国内レースでは

シリーズチャンピオンまで上りつめた

そうです

三輪車ジアル 001

車体後ろに付いているナンバーの下のプレート

三輪車ジアル 013

イタリアでは歴史的に価値ある車に与えられる

栄光のプレートです

このプレートが付いている車は税金が免除されると

ききました 

日本にも歴史的に価値のある車がたくさんあると思います

しかしその車たちは大切にされるどころか 税金が上げられたり

リサイクル料金を払わされたりしています

国によってはこんなにも価値観が違うのですね

こんな価値ある車達 大切に乗り継いでいきたいです

END


2008年6月 6日 (金)

ある、三輪車

いよいよ梅雨になっちゃいましたねー

いつもこのくだらないプログを愛読してくれる皆様

ありがとうございます。

今回は、ちょっと変わった三輪車について書きたいと思います。

皆さんは、小さいころ三輪車に乗ったことがあると思いますが、

ここに登場する三輪車は、大きくなっても

非常ーに、乗りたくなるものらしいのです。

200805201156

200805201157

まずは こちら

ちょっと写真の撮り方が、へたくそなんですが

後ろをよーくみると足がないでしょ!

幽霊じゃないよ。タイヤが1本なんです。

名前は そーですねー。。。

黄色いから、トラちゃんとでもしておきましょうか。

080601_0904~02

次はこちら。モーガン属 スリーホイラー科

1935年式です。

  080601_0906~01

よーくみてみて!車には」関係のないものが

ついてるよ。

080601_0904~03

ヤカンだよー

オーバーヒートすると、ここから水が出るって

ほんと?

あーっ誰か写ってるよ! もしかして。。ヌボタさん?

どこどこ?

 080601_0905~02

アクセルは、手で加減します。そのためハンドルは左右に

半回転しかしません。頭で考えていると運転できないです。

感覚で覚えます。

運転にも気合が入りますねー

クラッチの修理をしています。部品をイギリスから取り寄せ

ているので、ちょっと時間がかかっています。

どこかでみかけたら手をふってねー!

(ふりかえす余裕は、ないとおもいますが。。。)


こんな三輪車、皆さんはいかがですか?

もっと詳しく知りたい方は、ぜひご来店ください。


2008年5月 1日 (木)

小海 ★ 祝勝会

4月某日、コッパデ小海クラス別優勝を祝って

ささやかですが祝勝会をひらきました

祝勝会 003

祝勝会 004

ドライバーのSさん、 優勝賞品のワインをもって

ご満悦です 

えっ?ワインの味ですか?

とーってもおいしかったですよ!

祝勝会 001

ドライバー&ナビ

来年もこれでいきましょっかー!

めざせ!総合優勝!副賞はなんだー!

祝勝会 007

と、いうわけで夜もふけてまいりましたので

今夜はこれで、おひらきです。


END